I OTセンサー[ITS-100]

IOTセンサ ITS-100シリーズとは?
IOTセンサ

IOTを実現するためのBLE無線センサモジュールです。
電源不要・配線不要のローコストセンサで、3軸加速度・温湿度センサ搭載。
その他アナログ4ch確保済み、他センサーの導入も可能です。

通信方式はBLE無線通信方式を選定、省電力でコイン電池でも約2年間動作します。

※BLE(Bluetooth Low Energy)…Bluetoothの通信規格で、極低電力で通信が可能な規格。
※動作時間は2年間(1回/10秒でデータ通信を行った際の動作時間です。)


ITS-100シリーズ 特徴 & 活用事例
IOTセンサ
特長
①重さ10gと超小型軽量設計 ②加速度センサ、温度センサ内臓
③カレンダー機能内蔵データロガー ④各種アナログ入力機能内蔵
⑤磁気式電源スイッチ内蔵 ⑥内蔵電池で約2年間動作
⑦国内電波法認証取得済み


活用事例

医療・介護、防犯・セキュリティ・施設管理・設備管理、防災・災害予防
食品・安全、交通・物流など。

システム事例
弊社ではIOTセンサを利用したソリューションのご提案を行っています。
例えば次のような事例のシステムがございます。
手指洗浄消毒
モニタリングシステム
スタッフ個々の手洗い状況をモニタリングすることにより、衛生尊寿率を向上させ、安全性をより高めることができます。

<特長>
・手洗い場の機器や洗剤にBLEセンサを取り付けることにより手洗い状況をセンサにより監視します。

・リアルタイムに出力されるセンサからのデータによりスタッフがいつどのように手洗いをしたかが記録出来ます。

・記録したデータを元に管理用ソフトウェアで「誰が」「何時」「何処で」「何時間」手洗いを行ったか判断可能にすることで衛生管理品質の大幅な向上が見込めます。
手指洗浄消毒モニタリングシステム
設備機器
モニタリングシステム
<特長>
・設置された機器にBLEセンサーを取り付けることで機器の稼働状態をリアルタイムで監視します。

・機器の稼働開始・終了時刻の記録、温度変化や振動の変化などによる異常監視や生産量の記録を行います。

・異常が発生した時はリアルタイムに監視員に通知します。また回転機器の振動の変化により機器の予防保守も可能です。

・センサーは電池動作のため、面倒な配線も不要です。
設備機器モニタリングシステム
歯ぎしり防止装置
<特長>
本装置は、歯ぎしりの緩和を目的とした装置で患者に合わせて製作したスプリントに、 歯ぎしりを検出するセンサーとバイブモジュールを内蔵しています。

例えば、装置を装着し夜間睡眠中に歯ぎしりをした場合、歯ぎしりの強さが検出センサーに設定した閾値を超えると 内蔵されているバイブレータが睡眠を妨げない強さで作動します。

夜間睡眠中の歯ぎしりの動作記録は、歯ぎしりデータとして発生時刻、強さ、種別、回数などが装置内のメモリに記録されます。
歯ぎしり防止装置
※歯ぎしり防止装置の詳細についてはこちらをご参照ください。

カスタム対応可能
本ソフトウェアを、お客様のご利用環境に応じてカスタマイズすることができます。 お気軽に、販売窓口へご相談下さい。

IOTセンサー ITS-100シリーズ についてのお問い合わせは、こちらまで。


ページの先頭へ